忍者ブログ
2012年度の活動の様子とそれに関した連絡事項を更新していく予定です。

こんにちは。
代表の長谷川響馬です。

クリスマスLIVEのレポートを12月31日、高知行きの飛行機の中、moumoonを聴きながら、書こうと思います。

今回代交代後初めてのLIVEということで、とても代表として力が入ったLIVEとなりましたね^_^

まず会場がライブハウスではなく教室LIVEとなったので、教室LIVEならではの良さであるアットホームなLIVEにしたいという目標を持ってました。
(本音としては「なんだ教室LIVEかよ」感を吹き飛ばすLIVEにしたかったのです)

それで、こばりな?とれいこ?だったと思うけど、
装飾やろう!って提案してくれたので、
よし、やろう!ってことで当日は多くの1年が早めに集まって教室をクリスマス仕様に飾ってくれました。全部れいこがドンキで買ってくれたものでした、いいセンスでした。笑

それで、いやもう本当に女子達が頑張ってくれてキラキラした教室を見事作り上げてくれました。
装飾に関して、男子共の無力さといったら…
一応俺と大介は自前のほうきで掃除しました。

装飾の時に光ったのはやはりみさき(住吉)の黒板のサンタさんかな。
かいとクオリティの高さに脱帽してました。

LIVE始める直前に教室で洋一が焼きそばを食って
教室全体を焼きそば臭くするという事件も起きながらも
なんやかんやでLIVEの始まり始まり^ ^


1.小林(介) 武政 深澤 「あわてんぼうのサンタクロース」

いやはや、トップバッターは信頼のおける大介君に任せようとのことで、みんながウキウキする素晴らしいパフォーマンスでした。 大介の歌声を初めて聞いた人も多かったはず。尚美の鍵盤ハーモニカ演奏は見事でした!チャラ政に関しては衣装といい、鍋といい、彼の目指すところは一体どこなのでしょう。
それにしてもあわてんぼうのサンタクロースにDメロがあったとは…
やべぇ、書きすぎた。
このペースは多分保てないから
もっとコンパクトに…

2.小林(介) 小林(起) 小林(理) 「上を向いて歩こう」

続いては待望の小林バンド。みんなハイスペックの持主ゆえ、原曲の良さを存分に活かした演奏だったと思います。ほんと小林達歌上手いな…

3.堀越 「Nashvilleメドレー」

みなさんソロギの時間です。
でお馴染みホーリーの演奏。
綺麗だったなぁ…
ジブリソングになると特に心踊りました。
メドレーってやっぱりイイね!!

4.マジ基地ワカキチバンド 「星のアルペジオ」

今回は割とマジキチっぷりを抑えられたな、と思います。
代表の一つの仕事として、マジキチバンドを如何に抑えられるか、という使命を感じております。ゆーて、たむしゅーとしゅんたは、キャラなんで信頼してます。 

5.田村(脩) 鈴木(真) 星名 「恋人がサンタクロース」

横浜方面組?だったかな。
サンタさんの衣装での、演奏。
全然萌えてないし…全然萌えて…
自分で散らかしたあとはしっかり片付けをしてくれたたむしゅーでした。

6.藤野 鈴木(真) 小林(理) 住吉 「ここにしか咲かない花」

文女4人による、コブクロを演奏。
ピアノもできるのか!ギターの安定感!歌上手っ!
って感じでした。
ほっこりさせて頂きました^_^

7.加藤 平賀 「Last Christmas」

クリスマスソングきたー!
もう、この曲は上がるよね。
ほんと名曲。
隣りで小さい声で木下さんがハモってました。
みんな笑顔になりましたねー

8.加藤 平賀 田村(彩) 「友達の詩」

ゆず好き彩菜が加わり、やっぱりゆず!笑ゆずっぽさが溢れてましたね^^
途中のシャッターチャンスを
我らがカメラマン洋一は逃しませんでしたよ。

9.藤野 石原 小林(起) 武政 「君の知らない物語」

知る人ぞ知る名曲。
男子勢はバッキングに徹し、
女子達の歌声が会場包んでたなー。
カホンもできます大起です。
ここでふと気づいたのは
やっぱり1年みんなすげー上手くなってる!ってこと。
負けてられないっす。

10.柿沼 湯屋 「MUSIC」

笑わせて頂きました。
MCでの、阿波踊りからの、STARTからの、MUSIC
演奏はハイテンポで盛り上げてくれました!
阿波踊りは、じゃんけんで負けた方がやる、と言って本番前に急遽考えたらしいです。
護は激しく嫌がってたらしいです。
次回も2人の演奏とMCに期待!

11.廣瀬 北山 深澤 鍵和田  「カントリーロード」
なんというか、1年が誇る歌上手いオールスター的な、贅沢な4人です。
実は次が本番で緊張しすぎて、ろくに聞けてません。
後で動画見ると、抜群のハーモニーでした!
石の一言。

12.鍵和田 長谷川(響) 「ボクノート」

代表になって初めてってことで、
死ぬほど緊張しました。
自分でもびっくり。
れいこは流石っす。
終わった後、間違いすぎ!
と笑顔で言われました。
練習不足を感じましたね…精進します。
でも大好きな曲ができて良かったです^_^

13.高橋(憲) 「mellow sunset」

秋からflaの一員となったけんしょー!
いやぁ、上手いっす、綺麗っす。
この曲聞いたことないけど、すごくいい。
心地よい演奏でした。

14.高橋(憲) 中谷 「いい日だったね」

やっときましたDEPAPEPE。
しかも、この曲個人的にめちゃめちゃ好きでして、
何というか
この曲全体の雰囲気の
いい日だったね感が半端じゃなくて…
ほっこりする演奏でした♪

15.木下 北山 「なごり雪」
この人達あんまり練習してないくせに、素晴らしい演奏するもんだから憎い人達ですよ全く。
ほんの少し春が近づいた気がしました。

16.日暮 外山 崔 高畑 星名 「Perfumeメドレー」

3年生が体を張って頑張っていました。
日暮さん美脚すぎて若干戸惑いました。
T.Tさんのプーさん仮装?を完全に潰してましたね。
演奏はちえさん、あやかさん、りかによる美声によるものですから、それはもう…

17.若村 崔 「クリスマスメドレー」

これ!
今回のLIVEで1番ずっと聞いていたいと思いました。
本当わかむーさん、ギター上手いし、歌上手いし、物理学科だしリスペクトっす。
メドレーやっぱりいいなぁ、聞いてるこっちがワクワクしました。

18.高橋(景) 関口 杉村 「どぶろっくのやつ」

いやー笑いましたね。
本番直前にけいしろうさんが
「曲変えてもいいかな?どぶろっくやる人いる?」
って聞いてきた時には、びっくりしました。
かぶる可能性なんて皆無だろうのに…
この良心的な笑いを、マジキチも届けて欲しいものですね。
マジキチワカキチの道標となるパフォーマンスでした!
またよろしくお願いします。w

19.粟野 「love for a child」

粟野さんが、まさかの1人!!!
曲申請もらった時はてっきり次の曲と同じ編成で2曲やるもんだと思ってたんで
気付いた時にはびっくりしました。
弾き語りは新鮮でしたし
やっぱり上手いっす。

20.粟野 崔 鈴木(塁) 小島 「TEENAGER」

そしてトリですよ。
そりゃトリですよ。
の一言に尽きます。
やっぱり4年生の演奏を聞くたびに
卒業していなくなってしまうのが寂しいと感じ、
また、自分もこんな演奏ができるようにならなければ!
とモチベーションが上がります。
卒論終わったら、もし時間に余裕が出来たら、部室きていっつも暇してる武政とか開の相手してあげてください。
1年はみんな上級生とめっちゃ仲良くなりたいけど
めっちゃびびってるので本当に部室来てくれると嬉しいです。


今回のクリスマスLIVE振り返って見て
教室LIVEの良さが滲み出た本当にいいLIVEになったと思います☻
次のライブは3月!!!!
成長してやる!!


ってな感じで、書き終わりましたが
実は今1月6日の高地発羽田行の飛行機の中です。

では最後に

2013年はFLAとアコギと出会った年でした。
本当に素晴らしい先輩と仲間に恵まれたと思います。
ので、2014年は代表として、FLAをより良いサークルにしていき、個人としてもアコギに浸かる、そんな年にしたいと思います。

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします!


               長谷川響馬

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
あけおめことよろ~
この時期はあまりイベントに参加できなくてこのライブも生でほとんど見れなかったけど、動画とコメントで楽しめたんでよかったわ。
あえてマジキチについては言及しません(笑)
もきち 2014/02/16(Sun)18:47:34 編集
プロフィール
HN:
Folk Lovers' Association
性別:
非公開
暦表
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[12/11 bracciale cartier vite di copia]
[12/11 replique bracelet love cartier homme]
[12/11 falso anello di fidanzamento cartier]
[02/26 きょうま]
[06/08 かぎ]
最新TB
バーコード
ブログ内検索

Copyright © [ Folk Lovers' Association ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]